インターネットがつながる環境にも関わらず、メールが送信できない。

もしくは、今まで送信できていたものが送信できなくなった。

そんな経験はありませんか?

一番よくあるのが、25番ポートブロックです。

25番ポートブロックとは、一般的にメール送信(SMTP)に使用されるポート番号25の利用に制限を加えることで、プロバイダが指定した送信サーバを使用しないメール(他社の送信サーバを使用する場合など)を制限する仕組みです。

迷惑メールの大量送信は、インターネットサービスプロバイダ(ISP)のメール送信用サーバーを利用しないメール送信によるものが多いため、一部のISP25番ポートブロックを採用しています。

解決方法は、サブミッションポート(ポート番号587)を利用することで送信できるようになります。

メーラーの設定SMTPポート番号「25番」から「587番」へ変更してください。

これで送信できるようになります。

25番ポートブロックの他ではセキュリティソフトが邪魔をしている場合もあります。

セキュリティソフトを停止させると、メールが送信できた場合は、セキュリティソフトが原因ということになります。

この場合はセキュリティソフトの設定を変更しましょう。