「マルチモニター」の設定について。

最近「ノートパソコン」を持っている方で。

別で「モニター」を接続して「マルチモニター」をしたいという方がわりといたので。

紹介します。

そもそも「マルチモニター」とは「ディスプレイを拡張すること」で。

例えば、複数「ブラウザ」を開いておいて「画面1」「画面2」に比較するページをそれぞれ開いておくと。

「一覧性」が高まり、容易に比較することができます。

「Windows 10」の設定

「Windows 10」「マルチモニター」を設定するのは非常に簡単です。

「パソコン」「映像出力端子」がついているものであれば。

そこに「モニター」を接続して。

あとは「タスクバー」から「アクションセンター」を開いて。

「表示」を選択すれば(もしくは「Windows」+「P」のショートカット)。

(1) PC画面のみ
(2) 複製
(3) 拡張
(4) セカンドスクリーンのみ

というのが出てくるので。

「(2) 複製」を選べば「マルチモニター」になります。

更に拡張した画面の詳細を設定したい場合は。

デスクトップ上で「右クリック」して。

「ディスプレイ設定」を選び「設定」していくと良い。

「メリット」と「デメリット」

「メリット」「一覧性」が高まり「作業効率」が高まること。

あと「作業」ごとに「画面」を分けたりもできるのも良い。

「デメリット」「設置スペース」「モニターの費用」が余分に発生する点。

あと「パソコン」「スペック」があまりにも低いものだと。

逆に使いにくくなるかもしれないので。

オススメしません。