MacBook Air

「Windowsユーザー」にはあまり聞き慣れないかもしれませんが。

「Mac」には「Thunderbolt(サンダーボルト)」という端子がついているものがあります。

「USB-C」と統合して使いやすくなってますが。

実はこの「Thunderbolt(サンダーボルト)」「データ転送」「映像出力」を兼ね備えた端子だったんですよね。

特に現行モデルの「Macbook Air」には「HDMI」端子などの映像出力端子がついていません。

アップル 13.3インチ MacBook Air(1.8GHz Dual Core i5 / 8GB / 128GB) MQD32J/A

新品価格
¥91,699から
(2018/3/12 12:44時点)


その代わりにこの「Thunderbolt(サンダーボルト)」が付いているのです。

「Macユーザー」にはわりと有名なんですが。

「Windowsユーザー」にとっては馴染みのない端子でした。

現在の「MacBook Pro」「USB-C」として「変換アダプタ」がわかりやすくなり「便利なモノ」になりました。

ちなみに「Thunderbolt(サンダーボルト)」は、現在「3」まで出てます。

データ転送のスピードが「最大40Gb/s(2は半分)」

「USB 3.0」「8倍」「転送速度」です。

あと「電力供給」「最大100W」まで対応。

…とまあ「夢のような規格」なんですが、ユーザーがそこまで求めるかってところも正直あるんですよね。

Apple MacBook Pro 256GB SSD 13インチ Retina Displayモデル Core i5 2.0GHz アップル MLL42J/A スペースグレイ MLL42JA

新品価格
¥159,700から
(2018/3/12 12:46時点)