黒子のバスケ 1 (ジャンプコミックス)

新品価格
¥432から
(2016/12/8 00:02時点)


「黒子のバスケ」について。

管理人が小中学生の頃に流行っていた漫画で。

バスケの漫画の王道が「スラムダンク」なんですが。

この「黒子のバスケ」も。

「ベクトル」は違いますが。

中々「面白い」

ストーリー

帝光中学校バスケットボール部。

全中三連覇を誇る超強豪校。

その輝かしい歴史の中でも特に「最強」と呼ばれ。

無敗を誇った10年に1人の「天才」が5人同時にいた世代は「キセキの世代」と呼ばれている。

しかし「キセキの世代」には誰も知らない。

試合記録も無い。

「幻の6人目」がいたという奇妙な噂が…。

「キセキの世代」が半端ない

「キセキの世代」の能力が。

とにかく「半端ない」です。

コート全域がシュートエリアの「超長距離3Pシュート」

どんな姿勢からシュート打っても入る「フォームレスシュート」

「バックボード」の裏から打っても入ります。

個人的な感想

今まで「漫画」を読んできた方なら、所々。

「あれ、なんかこのシーン…」

と他の作品と似たような場面が多々ありました。

しかし「メインキャラ(キセキの世代)」「能力」の設定はしっかりとしており。

現実離れしてはいますが。

これはこれで「良い」と思いました。

「スラムダンク」と比較されるのはしょうがないですね。

「スラムダンク」は別格です。

1000ピース ジグソーパズル 黒子のバスケ 勝利への意思(50x75cm)

新品価格
¥1,936から
(2016/12/8 00:12時点)